イチゴ鼻、見れば見るほど気になってしまう

自分の顔を鏡でじっと見つめていると、シミや皺の他に鼻の上にあるブツブツが気になりますよね。

まさにいちご鼻。

手で触れてみると少しでこぼこしているし、肌が色白だと余計にこの黒が目立ちます。

明るい場所での彼との接近戦、一体相手はこの顔を見て何を思うだろうと思ったとき、汚れのない綺麗な肌ならもっと自信が持てるかもと妄想してしまいます。

そもそもなぜ鼻の上にだけこのようなブツブツができるのでしょう。

鼻は顔の中でも汗をかきやすいですから、皮脂汚れも詰まりやすいのかもしれません。

鏡でこれを見ていると、私はどうしても爪で掻いたり絞り出したくなったりしまいます。

押し出してウニュっと出てくると、ちょっとすっきり。

でも爪を立ててしまうので赤っ鼻になってしまいます。

やりすぎると薄皮が剥けてしまうこともあるので、本来はやらない方がいいです、絶対。

ところで、人によっては全くブツブツが見えない人もいますが、あれはメイクで綺麗に隠せているからなんでしょうか、それとも素顔でも全くブツブツしていないのでしょうか。

恥ずかしいので聞いたことありませんが、中学の頃からブツブツしている私は、どうすればいいのかとても気になります。

昔、鼻に貼って乾かしてペリっと剥がすと角質がとれるシートが流行りましたが、今もあるんでしょうか。

大きいのが取れてるとなんだかすっきりして、私はついつい見入ってしまいます。

でもやはり全部は取りきれません。

しかもこれ乾かしすぎると剥がす時ものすごく痛い。

一度つけたままうたた寝してしまったことがあり、目の下の方を剥がす時、特に痛くて涙が出そうになります。

ここまですると、鼻周辺の肌に悪いのではと疑問に思ったり。

なので最近は、メイクを落とす時に、鼻周りを丁寧にすることを心がけています。

普段私は、メイク落としにオイルかジェルを使用しています。

鼻の頭やその両脇の溝も汚れが溜まりやすいので、ゆっくりマッサージ、その後ぬるま湯で少し伸ばしてまたマッサージしてから洗い流しています。

泡洗顔する時は泡立てネットを使うなどして、きめ細かい泡を作って肌への摩擦を減らすことが大事です。

自己流で目に見えるほどの効果は感じませんが、これが一番肌に負担をかけないかなと思っています。

美肌は一日にしてならず。一瞬で綺麗にしようとしても、そう簡単にはいきません。

日頃の手入れを丁寧に時間をかけて行うことが、実はイチゴ鼻卒業の近道かなと思います。

鼻の黒ずみ 取るには