二日酔いにならない酒の飲み方を考える

辛い二日酔い、もう二度となりたくない…と思っても、つい飲み会で楽しくなってしまって大量に酒を飲み、また次の日二日酔い。

これを繰り返すのはもう嫌だ、というあなたのために、今回私たちは「二日酔いにならない酒の飲み方」について考えてみました。

そもそも二日酔いになる理由はただ一つ。「自分のカラダが処理できるアルコールの量よりも、飲んだアルコールの量が多いから」です。

ということは、二日酔いにならないためには、「飲むアルコールの量を抑える」ことにつきます。

これまでの人生経験から、自分で「どのくらい飲んだら確実に二日酔いになるか、もしくはならないか?」というのが大体わかっている方が大半だと思います。

注)よくわからない方は、まだひどい二日酔いを体験したことのない方でしょう。
そんなあなたは、まず一度、これまで以上の量の酒を飲んでみることをお勧めします。
それでも二日酔いにならなければ、あなたはかなりアルコールが強い人です。

飲んだ酒の量を正確に覚えておくためには、できるだけちゃんぽんをせずに一つの種類の酒を飲んでいた方がよいです。

酒の種類を混ぜたからといって酔いが速く回るわけではないのですが、いろいろな種類の酒を飲むと、アルコールの総量がわかりにくくなり、飲みすぎの原因となります。

 

二日酔い対策サプリについてはこちらから