肌が乾燥して痒いときの対策!

肌の乾燥もひどくなると、痒みを伴うことがあります。一度掻いてしまうと、更に痒みは増していき、我慢できなくなってしまいますね。そんな乾燥肌の痒み対策は、どうすればいいのでしょうか?

まず肌は掻くと、ヒスタミンという痒みを誘発する成分を出るために、余計に痒くなってしまうのです。つまり痒くても、我慢するのが一番の対策なのです。

乾燥肌はとにかく、肌を刺激しないことが大事です。肌は乾燥することで、バリア機能が弱まるので、刺激に弱くなります。ちょっとした刺激でも、痒みの原因となってしまいます。

そしてスキンケアによって、乾燥肌をケアしていくことで、痒みに強い肌を作っていきましょう。

まず自分の体の中で、乾燥しやすい場所を把握しておきましょう。顔でいえば、目元や口元は肌が乾燥しやすくなります。体でいえば、脚のスネなど皮膚の薄い場所ほど、乾燥しやすくなります。こういう場所が乾燥してきたら、乾燥肌に注意しなければいけないサインです。

乾燥肌のスキンケアでは、お風呂上がりに保湿クリームを塗るようにします。お風呂では肌の潤い成分が取れやすいので、特に肌が乾燥しやすくなります。

しかし肌の乾燥も広範囲になってくると、保湿剤を塗るのが大変です。特に背中なんかは、自分では塗りづらいですよね。そんなとき便利なのが、オルビス ディフェンセラという飲む美容サプリです。

オルビス ディフェンセラは、体の内側からセラミドを補給することで、乾燥肌対策ができます。体全体の乾燥肌の対策になるので、広範囲の肌が乾燥してる場合は、とても便利なアイテムです。

後は肌が乾燥する人は、食事にも気を付けたほうがいいですね。できるだけ肌の代謝を良くすることで、乾燥肌やかゆみの対策になります。

肌の代謝をあげるには、ビタミンB群やタンパク質を多めに摂るようにします。豚肉なんかはビタミンB群が豊富な上に、タンパク質も一緒に摂取できるので、一番のおすすめです。

食事は好き嫌いをせずに、いろいろな栄養を摂取する事が大事です。お菓子など糖質を多く摂るのは、肌にもあまり良くありませんので、なるべく控えたほうがいいでしょう。