英会話スクールの選びかた、どうしたら英語が話せるか

英会話講義に通ってEnglishをしゃべることができるようになるには、塾選びが最も重要です。スクール選びに失敗してしまうと「全然前進しない」「割高な金額が浪費するだけになった」といったことになりかねません。


国内にはいくつもの英会話塾が存在し、多くの人が活用しています。しかし、たくさんの方が英会話をものにする前に塾を辞めて、たくさんの資金を価値のないものにしています。

あなたがご自身で英会話スクールに通う目的はいったい何だと考えますか?

「今の仕事で活用したい」「海外ツアーに行きたい」「海外の人たちの友人を作りたい」など、その人次第バラエティーに富んだ目標をもって英会話スクールに通いますが、口を揃えているのはただひとつ「英語を話すことができるようになる」ことです。

すなわち、英会話塾に決める際には、失敗せずに英語をしゃべることができるようになる英会話スクールの見極めを誤らない必要があるのです。

実践時間の圧倒的な不足により会得はハードルが高い

我々日本人が英米語をモノにするために必要な教育時間は2,200時間と言われています。ジュニアハイスクール・ハイスクールのEnglish授業は合計で約1,200時間ですが、それでもまだ1,000時間足りません。

日本中によくある英会話塾の講義内容は「週に1回40分、海外の人達と他の学生とのグループトレーニング」です。この場合、1,000時間を獲得するには30年間行き続けることが求められます。全く現実性に欠ける学習アプローチです。合理的なアプローチで英語学習習得に強力にサポートするのがenglish for everyoneです。