スーツクリーニングを出す頻度は?

クリーニングに送るかどうかとしては ”汗の量” がメインのジャッジ軸になります。これによって汗をよくかく7~8月の方が、冬になるのに対してクリーニングに出す頻度を多くした方が有用です。 ただ、同じ夏場でも、炎天下の中をいかなる時も歩いて回る営業マンの人と、空調の効いた室内で勤務する人では、汗のかく量が異なるはずですよね。

汗が人より出る人や、汗のニオイが心配なという人は、夏のシーズンは少なくとも「2週間に1回」くらい、冬の季節は「1シーズンに1回」くらいの割合で出すことwおすすめしたいと思います。 ただし、この度合は常々からスーツにブラッシングや陰干しをして、サボることなくアフターケアをしているのが前提の場合。アフターケアをサボることなく実行していないという人は、クリーニングに出すサイクルをもう少し多くするか、おうちでのメンテナンスに努めるようにしましょう。 雨や雪でスーツが濡れてビショビショになったり、飲食物をスーツにこぼしてしまったときなどは、カビが生じてしまうこともあるかもしれませんので、できる限り早くクリーニングに出すようにしてください。レストランでついてしまう油の異臭が気になるときも、早めにドライクリーニングするようにしましょう。クリーニングの期間は、お店と宅配で変わります。宅配だと5~7日、店舗だと通常2~3日くらいで仕上がります。短納期のサービスを行なっている店舗では次の日仕上がりや、その日の朝10~11時までに出せば、17~18時に完成されるという店舗もあるのです。大切なスーツはしっかりとクリーニング、メンテナンスをしてもらいたいですよね。ブランド品、特殊衣類に定評があるのがキレイナ 評判はとても高いです。