市販のシャンプーにデメリットはあるの?

シャンプー選びをするときに、気になるのは価格差です。高級なシャンプーになると数千円もするのに、市販の安いシャンプーは数百円で買えます。市販のシャンプーは安い分、何らかのデメリットがあるのでしょうか?

普通に考えれば、高い商品のほうが安全で、安い商品は危険なのではないかと考えます。安さの裏に、何らかのヒミツがあるはずですよね。市販のシャンプーが安くできるヒミツは、安い洗浄成分を使っているからでしょう。

安いシャンプーで主に使われている洗浄成分は、石油系界面活性剤やAES系合成界面活性剤です。安くて泡立ちがいいので、安さを追求するには、最適な洗浄成分なんですね。

石油系界面活性剤やAES系合成界面活性剤は安い分、洗浄力が強すぎるというデメリットがあります。髪の毛がパッサパサになったり、頭皮が痒くなったりとかした経験はありませんか? シャンプーが髪の毛や頭皮の潤い成分を奪ってしまい、ダメージを与えている証拠です。

一度アミノ酸系などの高いシャンプーを使ってみると、安い市販のシャンプーが、いかに髪の毛や頭皮にダメージを与えていたが、分かるかもしれません。

アンククロスシャンプーお試し