30歳にしてやっと出会った崩れないファンデーション

私は普通肌ですが、朝つけたファンデーションはお昼にはもうテカッっています。
夕方にはもうファンデーションは塗っていないんじゃないかと思うぐらい崩れています。
なので1日に1回は必ずメイク直しが必要です。汗をかいたらお昼前にはもう崩れています。 Continue reading  

酸素不足に陥るとどうなるの?

私たちの体は知らず知らずのうちに酸素不足に陥っているようです。酸素が不足していると自覚すれば、意識的に酸素を取るように心がけるものですが、基本的にそんなことには気づきません。結果、放置された状態が続くと老化や病気にとつながってしまうかもしれません。
ではどうして私たちは酸素不足に陥ってしまうのでしょうか? Continue reading  

カラダが衰えるのは自然の摂理ということは充分理解していても

50代を過ぎたあたりから、日頃の踏ん張りが効きにくくなりました。特にいざという時に昔のようにカチカチで張り裂けそうな元気が低迷して来ている時などに衰えてきたなぁと感じます。

あの時も若い頃のように勢い良くほとばしる感じではなくなって来ていますし。自営業をしているので、不規則な生活習慣も原因かとも思います。

Continue reading  

アディポネクチンを増やしたいときはどうしたらいい?

アディポネクチンとはなんなのか?東大の教授がみつけた成分で長生きができる体内にあるものらしい。人の体内には海の海底や宇宙の果てのように、まだまだ未知のものが多いもの。
有機体の集まりであっても命という意識のような心は、ゼロからつくられないのだから。そのアディポネクチンというのはやはり歳をとってくると減っていき、さらに肥満になっても減っていくそうです。

つまり、デブで歳を取ると長生きできないということ。確かに年寄りをみると太っている人は少なく皆小さくて細い人が多い、やはり太っている人は死んでしまったのだろうか。

事故や病気になれば、人は死んだり体が機能しなくなったりで人生が真っ暗になる。自分も病気も死も怖いからなるべく後回しにできるものならしたい。どうやったら少しでも長生きできるのかを考えると頭が怖い。

不慮の事故は、もうどうしても避けなられないかもしれないが、健康だけはなんとかできるような気がする。話を戻すとアディポネクチンを減らさないように食事などに気を付けたい、今はこれしかないのだろう。

DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やすダイエットが人気

妊娠高血症にならないように糖質制限

妊娠中は今までのような生活ができないストレスから毎日、チョコレートなどの甘いものをたくさん食べていました。妊娠中に甘いものを食べ過ぎるのは、むくみを起こしたり、高血圧になるのでダメだと知っていたのですが、それで病気になるわけではないと浅はかな考えでいました。 Continue reading  

ボトックスでアンチエイジング整形

プチ整形は、あまたあるアンチエイジング整形の中であっても安易に受けることができるものとして参加者を増大させていると言えます。薬を注入する若返りにはさまざまな方法が存在します。しわのない肌にするために活用される若返り整形においては、ボトックス注射というようなものがあるんです。欧米では10年以上の実績を持っているのだそうです。 Continue reading